芸能人

大泉洋の家族構成や兄弟は?妻【嫁】との馴れ初めやエピソードも! 

13年ぶりに『ハケンの品格』で“とっくり”篠原涼子さんと“くるくるパーマ”大泉洋さんのやりとりに大興奮してる人も多いはず。
俳優で売れっ子になっても北海道の数々のローカルバラエティー番組も大事にして好感度高いですよね。

大泉洋さんの家族構成や兄弟は?妻【嫁】との馴れ初めやエピソードについて調査したいと思います。

スポンサードリンク

大泉洋の家族構成や兄弟は?

大泉洋の家族構成や兄弟をご紹介します。

父恒彦さん、母正子さん、長男潤さん、洋さんの4人家族です。
お父さんは、北海道で国語の先生や北海道高等盲学校の校長先生もしたことのあるそうです。
また、お母さんも中学校の英語の教師をしていました。
そんな両親を見ていたため実は大泉洋さんも社会の高校の先生になろうと思ってたんです。
実際水曜どうでしょうの「宮崎シーガイア」を放送していた頃、大学4年生だった大泉洋さんは高校の先生になるべく、母校の高校に教育実習に通ってましたし教免もあります。
ただのバイトと思っていたらまさか教員ではなく芸能界に進むことになりさぞかしびっくりしたでしょうね。
お兄さんは7歳年上だそうです。
早稲田大学を現役ストレート合格するほど頭が良いそうです。
現在は兄さんは 函館市の市役所で観光宣伝課部長だそうです。
50歳で部長というのも異例の速さだそうです。
また、GLAYのTAKUROさんともお友達で、GLAYの5万人ライブを実現できたのは潤さんのお陰なんていうエピソードもありますね。

スポンサードリンク

大泉洋の妻【嫁】との馴れ初めやエピソードは?

大泉洋さんの妻【嫁】の馴れ初めやエピソードをご紹介します。
実は、 大泉洋さんの妻はテレビ関係で有名なフジテレビジョン編成制作局ドラマ制作センター副部長を務めるテレビプロデューサー中島久美子さんです。
フジテレビ内では小島奈津子さんや、西山喜久恵さんが同期になります。
そんな二人の出会いのきっかけはドラマ2005年『救命病棟24時』で知り合い、2008年の『ロス:タイム:ライフ』出演時の再会以降交際し、2009年に結婚しました。
奥様とトークしている動画も見つけましたが、救命病棟24時で初めて会ったときに「あっいた♥️」と思ったそうです。
トークの流れではドラマの役柄にぴったりな人材がいた!というようなニュアンスでしたが、運命的な出会いを感じたのかなとも思ってしまいますね。
それまで大泉洋さんは、北海道のローカルタレントというイメージがありましたが、この年上の奥さんとの出会いが大泉洋さんを初め、NACSの安田顕、戸次重幸、音尾琢磨を全国区のタレントにしたのは間違いないでしょう。
ぴったんこカン★カンでも『結婚三部作』と銘打ってご両親の挨拶や入籍、結婚式ののエピソードを長々と語ってるシーンがあったのを見たことある人もいるはずです。
結婚した2009年といえば、今放送されている『ハケンの品格』や『東京タワーオカンとボクと、時々、オトン〜』などでメインキャストを演じすでに大泉洋さんは全国区で有名になってました。
そのためかなり厳戒態勢で結婚準備を進めていたそうでしたが全然週刊誌やメディアに見つかることがなかったというエピソードでした。
俳優とテレビ局関係者ならかなり話題になりそうですがね。
しかも北海道なら大騒動になりそうですが、北海道のラジオ番組で結婚したことを報告したものの、少しだけニュースとして取り上げられた程度だったそうですよ…(笑)
スポンサードリンク

大泉洋まとめ

いかがでしたか?
大泉洋さんの家族構成や兄弟や、妻【嫁】との馴れ初めやエピソードについて紹介しました。
大泉洋さんのご両親や奥様がスゴすぎてびっくり。
良い人ばかりの恵まれた環境で育った賜物としか思えませんね。
暗いニュースが多いですが明るい大泉洋さんを見てると元気がもらえますね。
これからも大泉洋さんの活躍を応援していきたいと思います。
最後まで御覧頂きありがとうございました。