おすすめ情報

『令和』硬貨、造幣局は製造開始へ!!流通はいつ頃なのか!?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

【令和】硬貨の製造、流通はいつ頃?

大阪市の造幣局が新元号「令和」が刻印される硬貨の製造準備に入ったようです。

需要が多い500円と100円からつくり始め、6〜7月頃に発行される。残りも順番に製造に入っていき、全6種類がそろうのは10月頃になるようです。

【令和】硬貨、製造の順番は??

年間発行枚数は「平成31年」硬貨を含む約6種類で合計約10億枚!500円、100円の金型を専門の職員さん数人が3ヶ月かけて作るそうで、硬貨の製造を始める。

残りの4種類1円、5円、10円、50円の金型は夏頃に制作を開始していく。いずれも製造硬貨が一定量に達すると日本銀行に引き渡し、金融機関を通して市場に出回り、旧硬貨は新硬貨の金型ができると製造が終了していく。

早く「令和」硬貨見たいです!

 

スポンサードリンク