おすすめ情報

新紙幣の発行はいつから流通?新しいお顔は?デザインは?

新紙幣の発行が発表されました。

1万円などの紙幣を、新しいデザインに変える方針。

500円硬貨も2色を組み合わせたデザインに一新される予定。

1万円札、5000円札、1000円札のデザインを一新されるようです。

紙幣は偽造防止のため、10年から20年をめどにデザインを変えることが通例となっているようで、前回変更された2004年から20年後の2024年をめどに変更される予定。

1万円札には「近代日本経済の父」と言われる実業家の渋沢栄一。

5000円札には、女子教育の先駆者といわれ、津田塾大学を創立した津田梅子。

1000円札には、破傷風の治療法を開発するなど医学の発展に尽力した北里柴三郎が採用されます。

また、500円硬貨も一旦、新たな元号「令和」が刻まれたものを発行した後で、新たなデザインに変わる予定で、複数の素材を用いた2色からなる硬貨が検討されている。

これは「バイカラー・クラッド貨幣」と呼ばれ、ヨーロッパではすでに1ユーロや2ユーロ硬貨に使われている。

複数の金属を使うこの硬貨は高度な技術を必要とするため、偽造防止に優れた効果を発揮するという。

スポンサードリンク