公園情報

須磨離宮公園はフィールドアスレチックや高速滑り台がスリル満点で見所です

スポンサードリンク

須磨離宮公園のフィールドアスレチックが楽しい

大人も子供も楽しめる公園だったら、やっぱり神戸市立須磨離宮公園がオススメだと聞いたので行ってきました。

子供の遊び場は公園も広いのでボール遊びもできました。
子供の森、冒険コースはフィールドアスレチックになっていて、難易度は小学生程度くらいのレベルかなと思います。子供たちは物語を読む感覚でアスレチックをしながら進んでいました。自然の空気を感じながら、体感できるアスレチックです。30~40分ほどで一周できると思います。何回も遊べるので満足していました。

子供の冒険コース紹介

1 さあ船出だ

2 ドラをならせ帆をあげろ

3 島々をめぐって

4 荒波をくぐって

5 大波をのりこえて

6 大ダコとの格闘

7 みんなとびうつれ

8 おだやかな航海

9 魚つりをしよう

10 島が見えたぞ

11 小舟で接岸

12 崖は険しいぞ

13 道なき道を進め

14 小屋へ急ごう

15 敵を一撃

16 船への冒険 休止中

17 ぼくは船長 休止中

18 一気に小屋へ 休止中

19 しまったつかまった 休止中

20 海賊につれられて

21 宝さがしに出発

22 森の中の道

23 谷をわたって

24 さああと一息

25 宝の箱を発見

26 ベンの洞くつ

27 宝をつみこもう

28 宝島をあとに

また、近くには以前テレビで紹介された長い高速滑り台もあり是非体験してほしいです。滑り台は途中でバウンドするのでスピードはスリル満点ですよ。公園に来られた方は無料で利用できるので、嬉しいです。

神戸市立離宮公園ってどんなところ?

須磨離宮公園は公園といっても、とても気品がある公園なんです。広い庭園があって中央に大きな噴水があり、向こう側には海が広がっているという素晴らしいロケーションです。離宮公園にはいろいろな植物が植えられていますが、温室植物が楽しめる植物園でもあり、たくさん花が見見ることができるでしょう。

スポンサードリンク

交通アクセス、開園時間と入園料金

車で行く場合

姫路方面からは第二神明「須磨インター」降りてすぐです。

大阪方面からは阪神高速「月見山インター」降りて約1200mです。

電車やバスで行く場合

JR須磨駅、山陽須磨駅から神戸市バス75系統に乗り須磨離宮公園前で降ります。

営業時間は9時~17時(入園は16時半まで)夏や紅葉シーズンは夜間開園があります。

毎週木曜日が休園日が祝日の場合は翌日になります。

入園料金は中学生を除く15歳以上が400円、小、中学生200円と、とてもお手頃な料金でした。入園無料の日もあります。

神戸市立須磨離宮公園のオススメ情報

今回は平日にバスに乗って行きました。園内を入ると、とても綺麗に手入れがされていて開放感のある公園に美しい花が数々ありました。宮殿みたいな建物と海が見える景色や休憩所もたくさんあり、ゆっくりと堪能できとても良かったです。夜には噴水のライトアップがとても素敵でした。

お昼は公園の中がとても広いのでお弁当を持ってきている方もいました。手続きをすれば再入園もできるそうなので、須磨離宮公園のそばにある、お子様連れでも行けるお手頃なレストランが2件ほどあります。そちらのレストランはお子様メニューもあるのでママは嬉しいですね。須磨離宮公園ではベビーカーを無料で貸してもらえたり、小さなお子さんがいる家族にはとても便利だと思いました。。

また今回、須磨離宮公園の中に新しくレストランができました。ガーデンパタジェすまりきゅうというお店で営業時間は9時半から16時45分です。開放的なガラス張りと吹き抜けの天井の店内から噴水と庭園が見渡せるようなので、次回は是非行ってみたいと思います。

一日中、子供も飽きずに楽しめました。

是非また行きたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク